東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)

ブログ

第10回ケース検討会をしました

こんにちは、福島担当の鈴木亮です。
月に2度のペースで現地担当3名が集まり、日々の団体訪問の情報を持ち寄り支援の現場の課題を議論するケース検討会ですが、記念すべき10回目を10月10日に福島市・チョコラボにて開催しました。

casemeeting131010.jpg

この日は岩手、宮城、福島あわせて22件の団体訪問情報を元に議論しました。
前半は、ふくしま連携復興センターのネットワーク担当、遠山さんもご参加くださいました。


2013年度は現地会議を「各県で3か月に一度のペースで」「開催月を重ねずに」「各県の事情に合わせて」という方針で開催しています。
「各県の事情に合わせて」という部分が、まさに日々の団体訪問とリンクしてくる部分です。
今回のケース検討でも3県の今後の現地会議について議論しました。

至近では、10月18日(金)に、岩手県大槌町で、「企業と地域」をテーマに開催予定です。
奮ってご参加ください。当日はUstream配信も予定しています。

続く11月は、29日(金)に、宮城県岩沼町にて、「防災集団移転・災害公営住宅におけるコミュニティづくり」をテーマに開催する方向で調整中です。
12月13日(金)には、福島県(場所未定)にて、この1年、二本松・いわき・南相馬・会津若松と地域での開催を重ねた集大成として、民間としての声を県や国に届ける現地会議のあり方を模索中です。
いずれも支援者・当事者が集い、タイムリーな課題について深掘りして、「つなぐ」「伝える」ための機会となればと、3担当で知恵を持ち寄っています。

今、「被災地はどうなっているのか」について、あるいは具体的な課題について、お問い合わせを常時募集しています。
次回は10月23日に、東京・大手町にて開催予定です。

どうぞよろしくお願いします。

文責/鈴木亮

2013年10月12日 08:52