東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)

ブログ

福島より;3.11被災者を支援するいわき連絡協議会/みんぷく支援者会議にご参加を

minpukukaigi_s.jpg


いつも大変お世話になっています。
JCN事務局、福島担当の鈴木亮です。

2012年9月に福島市に移住をしてかれこれ3年半になります。
雪国の冬も回を重ねますと楽しみ方も板につくもので、春の訪れの喜びひとしおな今日この頃です。

この3年間、継続的に参加させていただいている会議に、「みんぷく支援者会議」があります。
毎月第三火曜日の1時半、いわき市で開催される「3.11被災者を支援するいわき連絡協議会」通称「みんぷく」が主催するオープンな会議です。
いわき市は自らも地震・津波・原発事故により被災しながら、避難自治体の受け入れを最も多く行った自治体です。
そんないわき市で最前線に立ち続けた協議会が「みんぷく」であり、まだまだ続く復興に向けて常に試行錯誤しながら開催されているのが、みんぷく支援者会議です。
(円卓会議など名称は何度か変わっている模様ですが)

参加者の構成はみんぷく関係者、地元団体、外部支援者、その他ケースバイケースで多様です。
事務局からの報告、参加団体の共有、テーマ別の議論などが基本です。
復興のフェーズが刻々と変化する中で、みんぷくが福島県から県域の「復興公営住宅コミュニティ交流員事業」を受託した事もあり、最近はコミュニティ支援のテーマに重きが置かれています。

私見ですが、みんぷくといえばなんといっても会報誌「一歩一報」とサロンネットワーク「まざり~な」でしょう。
震災以降、一つのテーブルの上で、13個のジグゾーバズルを同時に大勢で解くような現場にあって生まれた、「みんなが復興の主役」と言える取り組みです。
ぜひバックナンバーや報告書をご覧いただき、今後も支援に取り組まれる方はみんぷく支援者会議にご参加ください。

次回は4月19日(火)13時半~15時、いわき市文化センターの予定です。
ご参加される方は、みんぷくにご連絡の上、お越しください。

参加の形としては、以下の3つです。
(1)正会員は年会費団体一口5,000円(一口以上)とする。
(2)賛助会員は年会費団体一口20,000円(一口以上)、個人一口1,000円(一口以上)と
(3)支援団体・企業・個人として個別に協力関係を結ぶ、寄付をする


●みんぷく(3.11被災者を支援するいわき連絡協議会)
[住所]〒970-8026福島県いわき市平字菱川町1番地の3
 いわき市社会福祉センター4階
[電話]0246-38-7359

●いわき市文化センター

●会員登録

●会報誌「一歩一報」バックナンバー(2015年12月で終了)
 「まざり~な」の活動も多数掲載されています。


[参考情報]
●外部支援者向けの会議情報など。ご関心ある方は、ぜひご連絡ください。

4月11日(月)18:30~21:00 震災支援を振り返る集い
@秋葉原クリエイティブOne・ラーニングカフェ

4月17日(日)10:00~12:00 ふくしま暮らす交流会@チャンネルスクエア
 テーマは「免疫力と発酵、福島の食について」

4月22日(金)13:30~15:00 おだかぷらっとほーむ定例会@ほーむ

4月23-24日(土日)10:00~17:00 アースデイ東京2016出展

5月11日(水)18:30~20:30 結イレブンvol.29「なじょすっぺふくしま再エネ編」 
@秋葉原クリエイティブOne・ラーニングカフェ

6月11日(土)14:00~17:00 結イレブンvol.30「浪江町復興と広域避難支援」
@場所未定

7月9-11日(金~日) オックスファム・トレイルウォーカー東北2016
@福島県二本松市岳温泉~安達太良山~郡山石筵~磐梯熱海温泉~岳温泉
(※7/11には結イレブンvol.31も岳温泉で開催予定です)


鈴木

---【PR】JCN REPORT をご活用ください ---------------------------------------------------------------
「JCN REPORT」は、「岩手・宮城・福島のいま」を伝え、
企業・助成団体・行政・メディアと被災地域のニーズをつなぐフリーペーパーです。

2016年4月 5日 14:59