東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)

ブログ

岩手より;今の漁業について

IMG_0824.JPG

こんにちは!岩手の中野です。


私の地元大船渡は海のまち。しかもここ崎浜(さきはま)は小さな漁業集落で、今はちょうど鮑(あわび)のシーズンがはじまり色々と忙しくしております。さてここ三陸の漁業ですが、さまざまなところで「あれが獲れない、これが獲れない」と問題になっています。まずうちもそうですが、ホタテ。聞いたところでは三陸沿岸部の広域で不漁なようです。鮭もそうでした。イカも全国的に問題になっています、そして今が旬の鮑も。


津波被災地である岩手沿岸部の歴史を支え続けてきた漁業という基幹産業が、この課題を乗り越えていくことの中に、地域復興の重要な局面がある気がしています。


写真はうちの船、中野えびす丸。


文責/中野圭



---【PR】JCN REPORT をご活用ください ---------------------------------------------------------------


「JCN REPORT」は、「岩手・宮城・福島のいま」を伝え、
企業・助成団体・行政・メディアと被災地域のニーズをつなぐフリーペーパーです。


2017年11月17日 13:22