東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)

ブログ

【最終広報】2/28-3/1 「答えは、東北にあるツアー」お見逃しなく

JCN「答えは、東北にあるツアー」、いよいよ来週です。

福島担当、鈴木亮です。春の足音を感じる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

JCN初の岩手・宮城・福島を3日間で回る「答えは、東北にあるツアー」がいよいよ来週に迫りました。
年度末のお忙しい時期に平日3日間の開催とあってか、まだお席が残っております。

全日程参加が基本ではありますが、部分参加にも対応させて頂きます。
是非、お見逃しなく。

ツアーの見どころを紹介させていただきます。

77.jpg
写真:馬を通じた心のケアに取り組む三陸駒舎さんの活動風景

(1日目)岩手編

北上駅から大型バスで、釜石市橋野地区へ向かい、三陸駒舎さん、かまいしリンクさんを訪問します。

夕方からは陸前高田市にて、SAVE TAKATAさんの「若興人の家」で対話のひと時を。
陸前高田市広田町の若者NPO・SETさんもご参加予定です。

宿泊は気仙沼市の「ホテルパールシティ気仙沼」です。
地元の団体さんを囲んで懇親会あり、の盛りだくさんの初日です。
お疲れの方は、翌日に備えて休んでくださいね。


311memory.jpg
図:震災伝承に取り組む活動をつなげる3.11メモリアルネットワークの概念図

(2日目)宮城編

気仙沼の宿を出て、石巻市・大川小学校を訪問します。
大川伝承の会さん、石巻みらいサポートさんにご案内頂きます。
震災の教訓を伝える難しさ、大事さを改めて学びます。

昼食は「ひたかみ弁当」で有名な、矢幡家さん。女将さんのお話をお聞きしながら美味しく頂きます。
石巻を味わう渾身のメニューに込められた思いはご注目です。

午後は、石巻のまちあるき。3.11メモリアルネットワークさんのアプリを駆使した震災伝承まちあるきを体験します。
イノベーションの力と、現場の力の化学反応を体験します。

夕方から山元町へと移動して、「創造的対立をサポートする」ふらっとーほくさんのお話を伺います。

宿泊は「ホテルルートイン名取岩沼インター」にて、交流会も開催予定です。

8町村ビジュアル.jpg
写真:双葉郡未来会議による双葉郡8町村の紹介
(3日目)福島編

山元町から福島県南相馬市小高区へ。
おだかぷらっとほーむを運営する小高工房ゼロワンさんを訪ねて、避難解除からのまちづくりの取り組みを学びます。

ここから双葉郡未来会議・平山勉さんをガイドに、浪江町から国道六号線を通って・双葉・大熊とバスの中から視察します。
富岡町を視察した後は、ホテルひさごで対話の時間です。
これから東北に関わるためにどういう視点が必要か、学びます。

旅のラストはいわき市のオリーブプロジェクトさん。
農業という文化をどう守ってゆくかを学びます。

三県の沿岸部を回る事で、震災8年目に向けた課題を感じ、現場が持つ智慧と思いに触れる事ができます。
このツアーがきっかけとなり、いくつもの新しいつながりや化学反応を生む事を期待して、参加をお待ちしています。

【参加費】無料
※東京駅から北上駅、バス代、宿泊費、いわき市から東京駅までの費用をJCNが負担します。
※飲食費・懇親会費、東京駅までと東京駅からの費用は自己負担となります。


【お申込み方法】
URLよりお申込みください。

【アクセス情報】
往路:東北新幹線・東京駅 7:56発 - 10:30 北上駅着
復路:特急ひたち・いわき駅 19:18発 - 21:44 東京駅着
(遠方の方はいわき駅18:16発、20:43東京駅着の便があります)




2018年2月23日 09:37