東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)

ブログ

続報:参加団体確定!(現地会議in東京・大阪)

みなさま

新年おめでとうございます。JCN事務局 杉村です。
本年もどうぞ宜しくお願いします。

さて、昨年末にブログやメーリングリストでも案内させていただいていただいておりますが、「現地会議in東京・大阪」に参加いただく岩手県、宮城県、福島県の団体が確定しましたので、ご案内いたします。

14の支援団体が集う会議は東京や大阪でもなかなかございません。ぜひ、この機会に東北の現状やこれからについて被災地で活動する団体の「生の声」を聴きに来てください。そして、東北の今を知り、これからを一緒に考え、思いを次につないでいきましょう!

【参加団体(予定)】
■岩手県
・一般社団法人三陸ひとつなぎ自然学校
・根浜Mind
・陸前高田市復興支援連絡会
・大船渡市市民活動支援センター
・社会福祉法人大槌町社会福祉協議会

■宮城県
・NPO法人移動支援Rera
・3.11 メモリアルネットワーク
・一般社団法人ボランティアステーションin気仙沼
・一般社団法人ReRoots
・社会福祉法人南三陸町社会福祉協議会
・一般社団法人ふらっとーほく

■福島県
・NPO法人コースター
・認定NPO法人ふくしま30年プロジェクト
・NPO法人寺子屋方丈舎 


開催概要・お申込みはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


<現地会議in東京・大阪 開催概要>

【名称】現地会議in東京・大阪

【テーマ】
「被災地の声を聴き、全国の力を被災地へ」
 〜被災地のいまとこれからを考える〜
   
【開催趣旨】
 東日本大震災の発災から2018年3月で7年を迎えますが、復興はまだ道半ば
であり、多くの課題を抱えています。また、その課題は震災特有のものに
加え、過疎化、人口減少を踏まえた、いわゆる地域支援やまちづくり支援、
高齢者や震災弱者とよばれる人々への見守り支援など、日本が抱える社会課題
にも共通する課題へと変化をみせています。 
 JCN現地会議in東京・大阪では、被災地から多くの現地支援団体に参加して
いただき、被災地の「今」と被災地がこれから必要としていることを「生の声」
で伝えてもらうとともに、全国から被災地を支援・応援できることを考える場を作り、
今一度、全国のリソースを被災地につなげることで、被災地の課題解決に寄与
したいと考えています。

【開催日時・場所】 
<東京開催>
・2018年2月1日(木)13時30分〜17時
・日本財団(東京都港区赤坂1-2-2日本財団ビル)
<大阪開催>
・2018年2月2日(金)13時30分〜17時
・近畿労働金庫(大阪市西区江戸堀1-12-1)
※各会場ともに13時受付開始

【参加者対象者】 
・東日本大震災に関心のある支援団体、企業、一般の方
・100名定員

【おすすめポイント】 
①被災3県の現状について、全体的なことを把握することができる
②現地から多くの団体が参加するため、直接現地の状況やその分野(テーマ)
の状況を知ることができ、自分の組織が支援したい、また関心のある分野や
各県の情報を得ることができる。
③対話セッションを通じて、現地の団体や参加者同士のつながりを得ること
できる。

【内容】※東京・大阪ともに同じ内容にて開催
被災地で活動する支援団体をお招きして、被災地の「今」やこれから必要な
ことを被災地の目線で伝えてもらうとともに、全国(私たち)からできること
を議論し、全国のリソースを被災地につなげます。
<プログラム概要>
◯オープニング(13:30〜)
 ・開会挨拶と趣旨説明
◯1部:「被災地各県の現状について」(13:45〜)
 ・スピーカー:JCN地域担当
 ・日々の巡回を通じて把握している各県の状況について報告
◯2部:現地支援団体の紹介(14:15〜) 
 ・参加団体の活動紹介と課題紹介を行う
 ・コーディネーター:東日本大震災支援全国ネットワーク
 ※参加団体は後述
◯3部:対話セッション(15:15〜)
 ・関心のある団体やテーマのところに集まり対話を行う 
 ・コーディネーター:東日本大震災支援全国ネットワーク
◯クロージング(16:45〜)
 ・感想:現地支援団体や参加者
 ・総括:東日本大震災支援全国ネットワーク
※内容は一部変更になる場合があります。

【参加費】 無料

【申込方法】
WEBフォームによるお申込み(以下URLよりお申し込みください)
http://www.jpn-civil.net/2014/blog/2017/12/_in_16.html

【参加団体(予定)】
■岩手県
・一般社団法人三陸ひとつなぎ自然学校
・根浜Mind
・陸前高田市復興支援連絡会
・大船渡市市民活動支援センター
■宮城県
・NPO法人移動支援Rera
・公益社団法人みらいサポート石巻
・一般社団法人ボランティアステーションin気仙沼
・一般社団法人ReRoots
・南三陸市社会福祉協議会
・一般社団法人ふらっとーほく
■福島県
・NPO法人コースター
・認定NPO法人ふくしま30年プロジェクト
・NPO法人寺子屋方丈舎 

【主催】
東日本大震災支援全国ネットワーク
(復興庁コーディネート事業の一環として開催)

【協力】
日本財団、近畿労働金庫

【備考】
1/31(水)には、岩手県主催(いわて連携復興センターの業務委託)にて、
「岩手NPO×首都圏企業 東京交流会」が開催されます。
(http://www.ifc.jp/news/notice/entry-2204.html)

1/31(東京)は岩手に関する内容、2/1(東京)、2/2(大阪)は
被災地全体(岩手、宮城、福島)に関する内容となっております。
関心のある内容、ご都合のよいお日にち、場所を選んでご参加ください。

【問い合わせ】
東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)
電話:03-3277-3636(JCN事務局 杉村)
住所:〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1新大手町ビル245 JNPOC気付

----------------------

flyer_現地会議in東京・大阪_180105(表紙).jpg

2018年1月 5日 21:03

JCNの年末年始の予定

みなさま

こんにちは。JCN事務局の杉村です。

JCN事務局の年末年始に予定について、ご案内致します。

[JCN事務局 年末年始の活動休止期間]
2017年12月29日(金)~2018年1月4日(木)

本年は大変お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2017年12月28日 16:10

現地会議 in 東京・大阪 開催のお知らせ

東日本大震災の発災から2018年3月で7年を迎えますが、復興はまだ道半ばであり、多くの課題を抱えています。また、その課題も被災各県共通のものと各県独自のものがあります。岩手県は、震災以前からあった少子化、過疎、人口流出といった地域課題を踏まえた高齢者や弱者を支える地域づくりが震災復興の課題となっています。宮城県は、仮設住宅から災害公営住宅への移行にともない住民同士の交流機会の減少、既存コミュニティの縮小や再形成、孤立防止等の見守り支援の体制構築が課題となっています。福島県は、避難解除後のまちづくりにおける支援体制の不足や広域避難者の住宅供与終了にともなう帰還者支援の体制不足など福島県特有の問題が新たに発生しており、支援団体同士のさらなる連携や、全国のリソースを被災地につなぐことが必要となっています。

JCN現地会議 in 東京・近畿では、被災地から多くの現地支援団体に参加していただき、被災地の「今」と被災地がこれから必要としていることを「生の声」で伝えてもらうとともに、全国から被災地を支援・応援できることを考える場を作り、今一度、全国のリソースを被災地につなげることで、被災地の課題解決に寄与したいと考えています。

開催概要

テーマ

「被災地の声を聴き、全国の力を被災地へ」

〜被災地のいまとこれからを考える〜

参加対象者

東日本大震災に関心のある支援団体・企業、一般の方/100〜150名定員

おすすめポイント

  • 被災3県の現状について全体的なことを把握できる。
  • 現地から多くの団体が参加するため、直接現地の状況やその分野(テーマ)の状況を知ることができ、自分の組織が支援したい、また関心のある分野や各県の情報が得られる。
  • 対話セッションを通じて、現地の団体や参加者同士のつながりが得られる。

開催日時・場所

【東京開催】

2018年2月1日(木)13:30-17:00予定(13:00受付開始)
会場:日本財団(東京都港区赤坂1-2-2日本財団ビル)

【大阪開催】

2018年2月2日(金)13:30-17:00予定(13:00受付開始)
会場:近畿労働金庫(大阪市西区江戸堀1-12-1)

参加費 無料
主催 東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)
(復興庁コーディネート事業の一環にて開催)
協力 公益財団法人 日本財団
近畿労働金庫

プログラム

被災地で活動する支援団体をお招きして、被災地の「今」や具体的に必要なことを被災地の目線で伝えてもらうとともに、全国(私たち)からできることを議論し、全国のリソースを被災地につなげます。

●オープニング
(13:30〜)
・ 開会挨拶と趣旨
●第1部:被災地各県の現状について
(13:45〜)
・ 各県の状況や課題の報告
・ 報告者:JCN地域担当
●第2部:現地支援団体の紹介
(14:15〜)
・ 参加団体の活動紹介と課題紹介(※10〜15団体調整中)
・ コーディネーター:東日本大震災支援全国ネットワーク
●第3部:対話セッション
(15:00〜)
・ 関心のある団体やテーマに集まり対話を行う
・ コーディネーター:東日本大震災支援全国ネットワーク
●クロージング
(16:45〜)
・ 現地支援団体や参加者の感想
・ 総括:東日本大震災支援全国ネットワーク

参加団体(予定)

岩手県
  • 一般社団法人三陸ひとつなぎ自然学校
  • 根浜Mind
  • 陸前高田市復興支援連絡会
  • 大船渡市市民活動支援センター
  • 社会福祉法人大槌町社会福祉協議会
宮城県
  • NPO法人移動支援Rera
  • 3.11 メモリアルネットワーク
  • 一般社団法人ボランティアステーションin気仙沼
  • 一般社団法人ReRoots
  • 社会福祉法人南三陸町社会福祉協議会
  • 一般社団法人ふらっとーほく
福島県
  • NPO法人コースター
  • 認定NPO法人ふくしま30年プロジェクト
  • NPO法人寺子屋方丈舎

告知チラシ

参加方法

申込フォームからお申込みください。
(※複数名で申し込まれる場合は、お手数ですが、お一人ずつお申込みください)

お問合せ

東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)事務局
Tel. 03-3277-3636
メール: office@jpn-civil.net
担当:杉村

2017年12月20日 16:30

第三者のかかわり

こんにちわ。事務局の津賀です。

すっかりブログの更新ができていませんでした。。。師走にはいって慌ただしい日々です。


今回も検証ネタです。
広域避難者支援活動を進めながら、検証事業も担当しています。そのため、自らが取り組んできた広域避難者支援活動の検証のためには、自己評価のみならず、やはり第三者による評価が必要になります。
広域避難者支援というのは、過去にも阪神・淡路大震災などでも見られましたが、原発事故の影響や全国各地での継続的な支援活動という点では過去に類を見ないものといえます。
そのため、あらためて広域避難者支援活動を取り組んだ経緯、どういった意図や考えをもって、何をしてきたのかを、研究者に聞いていただく機会を設けました。

これまで話を聞く立場が圧倒的に多く、話をする(調査対象)ということがあまりありませんでした。
実際に話しをする立場になってみて、だまって聞かれるよりは、気になることを反芻してもらったり、途中まで聞いたことの感想などなどはさんでもらえると、考えを整理して話しやすくということがわかりました。

また、広域避難者支援活動を一緒に取り組んだ各地の団体からも話を聞く機会(グループインタビュー)を設けました。担当(自分自身)がいると参加した人は話づらくなるので、この機会も研究者やファシリテーターに話を聞いていただきました。
詳細は確認していませんが、自分たちが直接聞いたらお聞きできない忌憚ないご意見をいただくことができたようです。
いただいた意見の中には、これまで模索しながらやってきたことに自信を持つこともできる言葉があったり、これから取組む中で意識したり、具体的な対応を考えることに役立てられそうなこともありました。


支援に取組むみなさんは、そろそろ来年度どうしていくのか検討される時期と思います。
検証とに取り組んでみて、自らの取組をふりかえって、いまどこにいるのかを確認することは、これから何を目指していくのか考えるために大事な作業だと思いました。
ふりかえりをする際には、自分たちだけでやるだけではなく、自分たちのことも知っている仲間、第三者に関わってもらえると、新たな気付きが見つけられやすくなるようです。
ちょっとした工夫、関わりをつくることで、少し違った風景が見えてくるかもしれません。


年末仕事納めまで、もうひとふんばりしましょう!

IMG_1027.jpg

グループインタビューの様子

2017年12月19日 14:19

アンケート調査にご協力ください。

こんにちわ。事務局の津賀です。

JCNは2011年3月震災直後に立ち上がりました。震災前にはなんの構想もなかったところ、関わった人たちが必要と思うことを考え、動いてきました。想定されている首都直下地震や南海トラフ地震が発生したときも同じように直後から動いていては遅いです。なんからの手立ても考えていく必要があります。


そこで、JCNでは、今後の大規模災害を見据えて昨年度から発足から5年間、なにができてなにができなかったのか検証作業を進めています。
JCNは市民セクターのネットワーク組織、参加団体のみなさまのための組織です。JCNがみなさんにとって果たしてお役に立てたのか評価していただくために、アンケート調査を行っています

アンケート調査フォーム(こちらをクリック)

現在参加いただいている団体のみならず、過去に参加していた団体も対象になります。もしかするとメールが届いていない可能性もありますので、このブログを見てご回答いただけると幸いです。

また、アンケートではそれぞれみなさんの団体の取組のこともお聞きしています。
なぜそこまでお聞きするのか?というと、代表世話人の一人・山崎美貴子先生の「JCNはネットワークなんだから、参加団体がなにをしたのか聞くことで見えてくるものがある」との意見からお尋ねすることになった次第です。
たとえば、東日本大震災は被災3県のみならず、多くの地域に被害をもたらした広域災害です。「支援の入らない地域をつくらない」とJCNは掲げましたが、果たして本当にそれができたのか。
また、東日本大震災では公的補助のみならず、多くの民間助成事業が行われました。果たしてどの程度活用されたのか。
そんなことも調査を通じて、明らかにしたいと思います。


検証をするからといってこれで終わりではなく、JCNの取組はこれからも続けます。
みなさんからいただいたご意見はこれからの取組みにも役立てていきます!

調査へのご協力どうぞよろしくお願いいたします!

この検証事業は赤い羽根福祉基金の助成を受けて、実施しています

2017年11月24日 14:10