東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)

ブログ

日和山からの新門脇地区

みなさん!こんにちは。
JCN宮城担当:三浦です。


先週、東松島ボランティア連絡会に参加後、石巻巡回途中に門脇地区に足りより日和山に上りました。東日本大震災の津波により1,800世帯の住宅街が流出してしまった南浜・門脇エリアは、災害公営住宅も建設され少しづつですが新しい街に生まれ変わろうとしています。
現在非可住地域となっている南浜地区には「石巻南浜津波復興祈念公園」の建設が予定され、現在そのエリアでは、震災前の復元模型や思い出、復興 祈念公園の計画案などを展示し、街の記憶と移り変わりを伝える「南浜つなぐ館」を公益社団法人みらいサポート石巻が運営しています。

石巻にお出での際は、是非、日和山より復興が進む新門脇地区を見てみては如何ですか。



文責/三浦圭一


撮影:2015年3月(上)2017年7月19日(下)


DSC_0767.JPG

DSC_0146.JPG

 

2017年7月22日 13:56

2017年 JCN年次総会

みなさま こんにちは。

JCN事務局の杉村です。

先日、7月11日(火)13:30からアーバンネット神田カンファレンスにおいて、2017年JCN年次総会を開催しました。

議案は以下の通りで、無事、全て承認をいただくことができました。
・第1号議案:2016年度の活動報告案
・第2号議案:2016年度の収支決算案
・第3号議案:2017年度活動計画案
・第4号議案:2017年度収支予算案
・第5号議案:代表世話人・世話団体・監事改選案

今年度の活動方針として、「全国と被災地をつなぐ」、「現地の支援団体との協働」をテーマに、東京や関西エリアでも被災地や避難者の現状を知る機会や関わりをもつきっかけづくりの創出、被災地での現地会議の復活による支援団体の知恵をつむぐ場づくり、被災地や避難者の現状を見える化などを実施するとともに、被災地、被災者、避難者のニーズにそった支援を会員団体と考えて参りたいと思います。

震災から7年目となりますが、まだまだ、踏ん張っていきたいと思います!
今年度もよろしくお願いします。


FullSizeRender 10.jpgのサムネイル画像

2017年7月14日 16:31

岩手より;アバッセたかた、オープンしてます!

abassetakata.jpg

こんにちは!岩手の中野です。

少しずつですが確実に、復興が進む街並み。中心市街地といわれるまちの形成が進んでいます。4月27日には陸前高田市のかさ上げ地区中心部に大型複合施設の「アバッセたかた」がオープンしてきました。ということで行ってみると、いいです。この公園がなかなかよくて、家族を連れてかなり通っています。こんな公園もっと家の近くに欲しい。
この公園を作るのも結構議論がなされたと伺っています。そのおかげで、家族連れにはこのエリア随一の人気スポットになり、人が集まるようになっています!

これからも岩手の今、そして復興をお伝えしていきたいと思います!

文責/中野圭

2017年7月 7日 14:46

避難者支援の研修をしました

こんにちわ。広域避難者支援担当の津賀です。

先週20・21日、福島県からの委託事業の一環で、全国26箇所の生活再建支援拠点と9都県で個別訪問等を行う復興支援員の受託団体を対象にした基礎研修2日間を実施しました。


各地の避難者の状況や支援施策にも違いがあり、受託している団体の体制やスキル、ネットワークも様々です。
研修の1日目は、各団体に今年度事業の目標を設定してもらいました。また2日目は、より様々な相談に対応することを考えるために、福島県の施策紹介やよりそいホットラインの取り組み紹介を行いました。


この研修を受けて、すぐになにか効果が出るかというと受講する側もそれぞれ事情があるので難しい部分があるように思います。
けれど、話題提供や参加者同士が話し合う中で、なにかひっかかるものがあり、これからの対応に役立てていただければと思います。そんな思いを込めて、企画運営に携わりました。
はてさて、どうだったでしょうか。。。


受講した団体の意見や状況などを踏まえて、夏には応用研修も実施予定です。


170620.jpg 170621.jpg

(追伸)受講された方が、研修後に体調を崩されたようでした。新年度が始まって3ヶ月、お疲れが溜まっている方もいらっしゃるでしょう。支援に関わるみなさま、ご自愛ください。

2017年6月27日 19:24

福島より;JCN福島オフィス移転・南相馬市小高区から双葉郡富岡町へ

いつも大変お世話になっています。
JCN事務局、福島担当の鈴木亮です。

2017年度、JCN総会が7/11に開催予定です。
総会、、、それすなわち年間計画の承認(定款で議決事項に盛り込んでいない団体もありますが)です。
総会を経て、本格的に年度が始まる団体も多いですよね。

前置きが長くなりましたが、タイトルにありますように、JCN福島オフィスが南相馬市小高区の「おだかぷらっとほーむ」から、この春から双葉郡富岡町に移転となりました。
浜通りにお越しの際は、ぜひお声がけください。

★JCN福島オフィス情報★

〒979-1112 福島県双葉郡富岡町中央1-182 ホテルひさご内
ふたば地域サポートセンター準備室ふたすけ内
JCN福島オフィス(担当:鈴木亮 携帯:080-7028-6128)

futasuke_office.jpg

2017年度より、JCNと双葉郡未来会議が協働して、「ふたば地域サポートセンター準備室ふたすけ」をスタートさせました。
避難12市町村のまちづくりに取り組む地元団体をサポートする中間支援プロジェクトです。「ふたばの今について知りたい」「来月、浜通りに行くので情報が欲しい」などなど、お気軽にご連絡ください。acebook「ふたすけ」でも、頻繁に情報発信していますので、ぜひ「いいね」をお願いします。

JCN福島オフィスとして、外部支援者向けの資料を更新しました。
ご参考ください。お問い合わせ、突っ込み、大歓迎です。

★JCN福島情報アラカルト170611版★



[参考情報]
●外部支援者向けの会議情報など。ご関心ある方は、ぜひご連絡ください。

★ふたば地域サポートセンター準備室「ふたすけ」が富岡町ホテルひさごにオープン。
 ふたばの今をFacebookで日々発信。「いいね」大歓迎。6/22は第一回「ふたすけ会」。

 詳しくは福島ラジオ「coconimoふくしま」をお聞きください。

★[動画]毎月11日の福島復興の集い「結イレブン」vol.42「ふたばの今、東京の今」公開しました
 全村避難が続く大熊町と、この春一部避難解除となった富岡町の現状と課題について。

★[動画]4月1日に一部解除となった富岡町で、町民有志が開催した「富灯り」
 3000本の竹灯りで「富岡は負けん~感謝・追悼~」の文字を天に掲げました。

★南相馬市小高区より・おだかぷらっとほーむ定例会 6/23 13時半~15時
 小高区のことなら何でも持ち寄りOK、新しくなった「小高工房01」にお越しください。


★みんぷく・いわき~ふたばネット 6/26日(月)17時~18時30分
 いわき市社会福祉センター5階第3会議室にて。双葉郡の課題を持ち寄ります。
 

★未来会議presents「浜通り合衆国in南相馬」7/17(月・祝)開催決定!
 一年をかけ「浜通り」をとらえなおすため、浜通り北部を「旅」します。


★みんぷく復興フォーラム 7/19(水) いわきにて開催決定!
 復興公営住宅や災害公営住宅の課題共有と連携強化を今。




鈴木

2017年6月14日 13:30