東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)

ブログ

現地会議 in 東北(7月20日)開催のお知らせ

20180720_tohoku_flyer.jpg

7月20日(金)、陸前高田市にて「現地会議 in 東北」を開催いたします。

東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)では、被災地・被災者を支援している団体間の連携を促し、支援活動を続けるうえで抱える問題や課題を共に考える場「現地会議」を宮城県・岩手県・福島県にて定期的に開催しています。

← ダウンロードしてご利用ください。





開催概要

【タイトル】
現地会議 in 東北「全国を巻き込む、担い手をはぐくむ」
【日時】
2018年7月20日(金)13:30-17:00
【会場】
陸前高田市コミュニティホール 大会議室
(陸前高田市高田町字栃ヶ沢210-3)
【入場】
無料
【共同主催】
NPO法人 いわて連携復興センター
東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)
【協力】
富士ゼロックス株式会社 復興推進室
【助成】
復興庁「平成30年度被災者支援コーディネート事業」

プログラム

第1部:基調講演「『関わり方を提案していく』ということ」

岡本翔馬氏(認定NPO法人 桜ライン311代表理事)

桜ライン311が考える「担い手」とは何か?
多様な資源を巻き込む為に提案している「関わり方」とは?
桜ライン311の取り組み事例から学びます。

第2部:事例報告「私が東北から伝えたい『担い手と関わり方』」

活動している中での「課題」と、想定している「解決策」、そしてそのために必要な「担い手」とは何か、地域外へ提案したい(している)「自組織との関わり方」について6団体による事例報告

岩手
  • 鈴木悠太 氏(NPO法人 クチェカ 事務局長)
  • 戸塚絵梨子 氏(株式会社パソナ東北創生 代表取締役)
宮城
  • 石井優太 氏(公益財団法人 地域共生創造財団 事務局長)
  • 小野寺真希 氏(合同会社moyai コミュニティーデザイナー/気仙沼まち大学運営協議会 地域おこし協力隊)
福島
  • 青木淑子 氏(NPO法人 富岡町3・11を語る会 代表)
  • 中鉢博之 氏(NPO法人 ビーンズふくしま 常務理事・事務局長)

※登壇の順番は上記記載と異なりますので、ご了承ください。

第3部:グループワーク「全国を巻き込む、担い手をはぐくむ」

必要としている「担い手」を具体化し、地域外からの「関わり方」をどこ(誰)に向けて、どのように提案していくかを参加者参加型で整理・可視化するセッション

※プログラム、報告団体および登壇者は変更になる場合があります。

参加方法

申込フォームからお申込みください(※おひとりずつお申込みください)。

現地会議 in 東北申込フォーム

2018年6月27日 17:08