東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)

ブログ

12月11日開催!JCNサロン「ワカモノと支援とおカネの話」

JCNサロン3rd_banner.jpg

JCN事務局、福島担当の鈴木亮です。

JCN答えは東北にあるツアーが3県とも無事終了しました。
ご協力いただいた皆様、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
レポートを鋭意作成中です。今しばらくお待ちください。

ツアーの興奮冷めやらぬまま、続いて来る12月11日に、JCNサロン第三弾を東京で開催します。
福島、岩手、宮城の3県から若手キーマンをお招きして、
東北の旬の幸、地酒をつまみながら語らいます。
オンラインで中継配信およびZOOM参加も予定しています。
遠方の方も、貴重な貴重なこの機会に、ぜひ万障お繰り合わせの上、ご参加お待ちしています。

東北の今、福島・岩手・宮城のこれから、自分にとっての東北とは、、、
進化と哲学を楽しみながら、新たな結をもやいましょう~^^ 
「ワカモノ」と銘打っていますが、老若男女、大歓迎です。


JCNサロン×結イレブン・寄付月間2018特別企画
「ワカモノと支援とおカネの話」

日時:平成30年12月11日(火) 18:00~20:00
(東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F)

【ゲストスピーカー】
・岩手県:中野圭氏 (いわて連携復興センター)
・宮城県:藤間千尋氏(3.11メモリアルネットワーク)
・福島県:山崎庸貴氏(ふくしま百年基金)
・聞き手: 鈴木亮(JCN福島担当)

▼対象:
東日本大震災の現場の『今」と、東北のワカモノが描く『未来』について知りたい人。

▼テーマ:
復興の最前線における寄付や基金の意義・魅力・課題について、
福島・宮城・岩手の現場報告を交えて議論します。
(旬の東北の郷土料理とお酒を提供します)

▼参加費:
500円(オンラインの参加は無料です)

▼申し込み方法:
1)Facebookアカウントをお持ちの方
こちらのURL(イベントページ)から「参加表明」ください

2)Facebookアカウントを持っていない方
chiiki@jpn-civil.net宛にEmailにて。
件名を「12/11JCNサロン参加申し込み」として、お名前・ご所属・期待する事をお書きください


【共催】
国際青年環境NGO アシードジャパン
東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)
ふくしま復興のつどい「結イレブン」

--- 実施の背景 ----
東日本大震災からもうすぐ8年が過ぎようとしています。
支援団体の減少やメディアへの露出の縮小など震災は過去のものになりつつあります。

しかし、東北の現場に目を向けると、
岩手県では震災前からのからの社会課題を踏まえた復興まちづくり、
宮城県では災害公営住宅への移転にともなう地域コミュニティの再構築、
福島県では避難指示解除区域の再編により、復興活動がようやく始まろうとしています。

このイベントは現在進行形である東日本大震災のことを
「知る」「語る」、参加者と東北が「つながる」ためのサロンです。

2018年11月22日 09:11

【実施中】タケダ・赤い羽根広域避難者支援プログラム2018合同研修@大阪

こんにちは。広域避難者支援担当の橋本です。


2014年に始まった「タケダ・赤い羽根広域避難者支援プログラム」ですが、今年度が5年目、ついに最終年となります。


もともと3年で始まった本プログラムは、寄託者である武田薬品工業さまの追加支援もあり、追加の2年もあって、5年間続けていただいています。JCNとしてはヒアリング等でお手伝いさせていただいていますが、助成制度の制度構築から関わらせていただくという貴重な経験もさせていただき、個人的にも非常に思い入れのある助成制度です。


本助成金では、助成を受けるだけでなく、助成団体のみなさんが一同に介して、活動報告や講座、意見交換のワークショップなどを行う研修(日本NPOセンターさんが実施)もセットになっていることが特徴です。


そして昨日119日から今日15時までの日程で、最後の合同研修会が新大阪で行われています。研修・3食・懇親会・宿泊が全て同じ会場で行われるという...合宿!


みなさん、本プログラム以外でもつながりがあって、合同の企画なんかも走ってたりするので、友達以上家族並み。たぶん。とにかく、みなさん、話が尽きません。昨日のワールドカフェ形式で行ったワークショップは、模造紙がこれでもかというくらい文字や記号で埋め尽くされました。


写真は今朝の様子です。

昨日、溢れ出した言葉から今日の議論テーマを「すくい上げる」作業です。「お金」「ヒト不足・人材雇用」「届かない声・人災」「次世代(継承)」「言いづらさ・避難者同士の軋轢」。厳しい現実を言葉にしながら、「これからの事業をどう進めるのか」と午後に向かって深まっています。


タケダ・赤い羽根広域避難者支援プログラム

https://www.akaihane.or.jp/csr/takeda/

osakagasshuku.JPG












2018年11月10日 11:47

宮城より:JCNレポート、人の話を聴くということ。

みなさん

こんにちは。杉村@宮城担当です。


今年度のJCNレポートのテーマは「人」なんですが、現在、沢山の人に、取材させてもらったり、執筆してもらっています。特に取材させてもらうのが、個人的には好きなのですが、何がいいかというと、その人の思いや価値観をじっくり聞けたり、震災復興や地域の人との向き合い方などを知ることができます。


あ〜、そういう思いで活動しているんだとか、そんなことがあって、今に至っているだ〜と、その人の背景を少し共有させていただくことで、その人との距離が近くなるというか、理解が進む感じがします。


改めて、人の話を聴くって、すごく大事なことなんだな〜と思いましたし、レポートに限らず、人の話に耳を傾けながら、活動したいと思います。


そんな、JCNレポートVol.1011月中頃にみなさんにお届けできると思います。
今年度からは、岩手、宮城、福島、広域避難者支援で活動している人々4名ずつ合計16名をご紹介いたします。

楽しみに待っていてくださいね!

写真は、仙台市若林区荒浜地区で活動しているRerootsの広瀬さんを取材した後に、案内してもらったわらアートです。Rerootsさんが農業による地域おこしの一環で制作されている藁でできた恐竜たちです。

思いのほか、でかくて、ビビりました(笑)
機会があれば、訪れてみてください!!


IMG_2061.JPG

IMG_2058.jpg











































2018年10月29日 11:00

岩手より;関係人口ってなんだ?

IMG_2128.JPG

こんにちは!岩手の中野です。

「関係人口」って最近出てきた言葉ですが、東北ではかなり注目されています。現地に移住するでもなく、観光でふらっと訪れるだけでもなく、明確に関わる要因をもって訪れるorアクションを起こす人々。厳密には定義は違うと思いますが、ざっくりそんな解釈で許してください。



岩手でも「いわて連携復興センター」が「関係人口交流会」を開催しておりますが、地域での関心の高さを実感します。いや、私としても東北復興の爆発的なキーファクターになる概念だと思っています。



「震災があって失ったものは大きかった。だが得たものも大きい。」



得たものって結局「人」だったと思います。それが今関係人口と呼ばれるものになってきたのかなと思ったりします。JCNは全国につながりがある組織。その縁を活かすのは、今です。多分、残念ながら殺しちゃうのも今。絶対に活かしたい。現地会議という場がそうなっていったらいいなと、強く願い準備を頑張っています!これから名古屋、大阪で開催、ぜひお越しくださいませ!



※写真は現地会議in東京の様子



文責/中野圭

---【PR】JCN REPORT をご活用ください ---------------------------------------------------------------

「JCN REPORT」は、「岩手・宮城・福島のいま」を伝え、
企業・助成団体・行政・メディアと被災地域のニーズをつなぐフリーペーパーです。

2018年10月25日 11:05

語り直すこと

こんばんわ、広域避難者支援担当の津賀です。
すっかりブロクが更新できないままになっていて、申し訳ございません。

10月9日広域避難者支援ミーティング全国版では、各地から参加者、話題提供者をはじめ約100名で現状やこれからのことを話し合う機会になりました。
参加していただいたみなさま、ご支援いただいた真如苑はじめ、関係者のみなさまに御礼申し上げます。

このミーティングでは、避難当事者、ジャーナリスト、支援者、研究者からそれぞれ話題提供いただきましたが、その中でも「制度の限界」「避難者の不可視化」「語りにくさ」という3点の指摘が印象的でした。
特に、3点目の「語りにくさ」=避難者自身がかなりにくくなっている状況は、これからの支援を考える上で大事な要素だと感じた次第です。

ところで、僕は以前から「暮しの手帖」が好きで、最近は毎号目を通すようになっています(特に澤田編集長になってから面白い!)
最新の、創刊70周辺記念号・96号、文・荻上チキ☓絵・ヨシタケシンスケの連載「みらいめがね」のタイトル「生きづらさを取り除け」では、萩上さん自身の経験から、ライフヒストリーの語り直しすこの必要性を書かれていました。

〜 ライフヒストリーをどのように語るのか。過去をどう捉え、今をどう評価し、未来に何を望むのか。そのイメージが崩れたとき、人は危機に瀕する。今までの自分や、世間の「べき論」と比べることで、否定のループに陥っていく。 その時に必要になるのか、ライフヒストリーの語り直しだ。自分がどんな人間なのか。新しく「語り直す」ための言葉を手に入れること。 (略) 社会への貴族意識や居場所感を喪失し、ゆるやかに生命力を削っていった時。それを立て直してくれたのは、それまで遠ざけてきた「人間関係」だった。 〜

連載に書かれていたことは、被災者・避難者にも共通するものがあるように思いました。ただし、すべての人というわけではなく、どなたかしらという意味です。
被災者や避難者の中には、震災をきっかけに、これまでに持っていた暮しのイメージが壊れてしまい、どうしたらよいのかわからないまま、決断だけを迫られるようなこともあったのではないでしょうか。そして、その話をすることすら、躊躇しなければならないような雰囲気も感じた人もいるように思います。

荻上さんの言葉や考えをくみとるとすれば、「生きづらさ」を感じている人の気持を少しでも解消するためには、被災者や避難者に関わる人たちは、被災者・避難者の中で、語り直そうとすることを、あたたかく見守ることや耳を傾けること、被災者・避難者にとって身近な存在になることが求められているのかもしれません。
ひとりひとり感じているものも違うでしょうから、これが正しいというわけではなく、考えの一つとして書いてみました。

2018年10月22日 20:24